神奈川県立伊志田高等学校  
TOP オープンスクール 受験生の皆さんへ アクセス リンク
  国際教育青少年リーダーシップ・交流プログラム 〜アイダホ人権教育センターが行う初の日本の高校生との交流派遣〜
 
伊志田高校と米国アイダホ州との日米高校生交流派遣始まる
  

 アイダホ州への派遣団生徒の動き

8月1日 夏休み期間中の勉強会(1回3時間)が、全8回の予定でスタートしました。

      内容 リスニング演習
          9月から始まるオンライン学習「Youth LEAD Online Forum」に備えた学習



8月8日 伊勢原市役所にて、伊勢原市の行政について講話を聞きました。(14時〜15時)


8月30日 アイダホ人権教育センターに「International Education Youth Leadership Program and Exchange
     に関する事前調査を提出しました。


9月3日 オンライン学習「Youth LEAD Online Forum」が始まりました。


9月11日 ALTと昼休みに行う Five-Minute Chat が始まりました。

9月14日 オンライン学習「Youth LEAD Online Forum」の1回目の課題を派遣団生徒全員が
     こ
の日までに指定されたHPPost に入れました。



今後の予定

9月30日 オンライン学習「Youth LEAD Online Forum」の2回目の課題提出締切り

103日  英語による伊勢原市に関するプレゼンテーション(校内)

1023  専修大学の留学生との交流会(専修大学にて)



その他の動き

9月27日 『アイダホ州高校生訪問団の記録』完成、配付開始

 
『アイダホ州高校生訪問団の記録』が完成しました。

その中から、6月
27日に行われたアイダホ州の高校生との交流について、第1学年の生徒の感想をいくつか紹介します。この日の交流では、本校生徒がいくつかのグループに分かれて、アイダホ州の高校生に伊勢原や日本の文化について紹介しました。


○初めて外国の人と話すことができてとても楽しかったし、英語が好きになりました。でも、間違ってしまったらいやだなと思って、自分から話しかけることはできませんでした。アイダホ州の生徒が言っていたことをよく聞き取れなかったので、もっと英語の勉強が必要だと思いました。もっと英語を勉強して、今度外国の方と話す機会があったら、今回よりもたくさん話ができるといいなと思っています。


○最初はすごく緊張して、すごく不安だったけれど、実際にアイダホの高校生と話してみて、色々な反応をしてくれたので面白かったし、外国の方と交流できたというよい経験になりました。私の班は、日本の小物についてクイズを出したのですが、みんなおはしのことを知っていてびっくりしました。さらに使い方もできている人もいて、日本の文化が外国にも伝わっていることが分かり、なんかうれしかったです。またこのような機会があったら、今度はもっと積極的に話してみたいです。


○1年生のうちからこのような体験ができてよかったです。練習していたキャラクターの紹介などうまく伝えることができ、すごく興味を持ってくれました。時間があまったときに、授業で練習したことを少し使って質問したり、相手の話も少しだけど聞き取ることができました。もう少し時間があれば、もっといろいろ聞くことができたかなと思いました。外国人の人たちとコミュニケーションをとることがとても楽しかったので、英語をもっと勉強して、会話をできるようにしたいと思いました。すごく楽しかったので、また交流したいです。


○海外の人々と話す機会ができて、初めは「私にできるかな」と不安な気持ちでいっぱいだったのですが、だんだんと話していると少し聞き取れる部分もあって、相手のことも少しだけど分かって、何よりも私のつたない英語で質問をして、それを向こうは理解してくれてちゃんと答えてくれたことがうれしかったです。自分の知らないことを知るのはとても楽しいし、コミュニケーションできるのも楽しかったです。また、会えたら、今度はアイダホのことについて知りたいな、と思います。

○アイダホ州の子が来ることをとても楽しみにしていました。英文もたくさん練習して、緊張したけれど、ちゃんと目を見ながら話しました。アイダホの子も、私たちが紹介したキャラクターに興味をもってくれていて、いろいろと質問をしてくれました。今回、このような交流ができて、とってもよい経験になったし、もっと会話ができるように一生懸命英語を勉強しようと思いました。


○普段めったに外国人の方と話しをしたり交流する機会がないので、今回のアイダホ州の生徒の方々と交流を持てたことは、本当に貴重な経験であったと感じました。短い時間でしたが本場の生の英語を聞くことができて(自分は聞き取れないところもありましたが)、よかったなと思っています。私のグループは折鶴をやりましたが、途中話が通じないときがありましたが、ジェスチャーで表現したりしてつうじることができました。私は、言葉が分からなくても、相手に伝えようと頑張れば、コミュニケーションは成り立つものなんだということが学べてよかったです。
 
  
 
 戻る

 伊志田高校TOPへ